試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

PC-9821 に PC/AT 互換機用 FDD を接続する ( 実施編 ) 


複数の FDD を試験した結果、以下の図面の様に改造すると PC-9821 Ls12 でも動作させることが出来ました。

FDD 毎に図面と参考写真を掲載しますので、図面で改造内容の概要を確認後、参考写真にて具体的な改造地点を確認してください。図面でアレコレ書いても分かり難くなるので、図面上はわざとぼかして記述しています。

当ウェブサイトにて掲載している図面の注意事項を記載します。

  • 全ての FDD ではありませんが、 360/300 信号を入力する時に74HC14 などを用いて信号を反転させなくてはいけません。当ウェブサイトに掲載している図面では、反転する必要がある機種では特記事項にその旨を記載しています。
  • デスクトップ機本体と FDD を接続する際はピンアサインに注意して、反転していないストレートケーブルを用意する必要があります。
  • 図面ではDisk Change 信号を 33 番ピンに出力する指示がありますが、当方の場合、PC-9821Ls12 へ接続する際に自作の変換基板を経由する関係上、参考写真で掲載してる FDD では改造を省略しています。

MSX で 34 ピンのインターフェースを持つ機種の場合は 34 番ピンの改造 ( READY 信号出力化 ) のみ図面通り行い、Drive Select と Motor ON 信号の入換え、2DD 固定化の改造を追加で行う必要があるようです。 ( なお、スリム型 FDD では 8 番ピンにREADY 信号が元から出力されているケースが多いです。 ) 

詳しくはにがHP on PS2Linux DASH 様の「FDD FS-FD1A のドライブ換装」という記事をご覧ください。 ( 当方は MSX は所有していない為、検証できていません。 ) 


FDD 改造結果一覧表
FDD 型番
カッコ内は
制御 IC の
型番
図面 参考写真 PC-9821 上で
使用できる
フォーマット
備考
改修前 改修後 2HD
(1.44)
2HD
(1.23)
2DD
FD1231T
(FDN303)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK OK ※1
FD1231M
(FDN303)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK OK
MPF920
(BH9558KV)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
※3
MPF920-E
(CXA8061Q)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※10 ※2
※4
D353M3D
(NCL039)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※11 ※2
※5
D353-T5
(NCL032)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
YD-702D
-6537D-A
(BU6108K)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
YD-702D
-6638D
(BH9522KS2)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
YD-702D
-6639D
(BH9522KS2)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK

この FDD については、ジャンパを改修する必要がある。ジャンパの詳細については、別図面 ( ジャンパ設定表 ( Y-E DATA-6639D ) ) を参照する事。
参考写真 ( 改修前改修後 ) 

JU-256A
216P
(FQL02030B4)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2

この FDD については、改造の為に制御基板の取外し及び再取付を行うが、これに伴いヘッドのステッピングモータ用の FPC、FFC のケーブルの取外し及び再取付を同時に行う必要が有る。

また制御基板を一度取り外すと、トラック 0 センサーの位置調整をマイクロメートル単位で行う必要が有る為、この FDD の改造に用いる参考図面は掲載しているものの、改造は極力避ける事を推奨する。

なお、Disk Change 信号と Ready 信号の切替に関わる「R45」「R46」の改造のみを行う場合は、制御基板を外さずにヘッドを最内周側へ移動させた状態で、FDD 内部のヘッドと筐体の隙間から基板を改造する事により、トラック 0 センサーの位置ズレを防止できる。

JU-256A
637PC
(DN8655FA)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
※6
JU-257A
137P
(BH9571KV)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK ※2
※12
FD-235HG
-A304-U5
(TB6048)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
※7
FD-235HG
-C235-U
(BH9521KS2)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
※8
FD-235HG
-6360-U
(BH9503GKS2)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK ※2

この FDD については、ジャンパを改修する必要がある。ジャンパの詳細については、別図面 ( ジャンパ設定表 ( TEAC 3 列形 ) ) を参照する事。
参考写真 ( 改修前改修後 ) 

FD-235HG
-7304-U5
(TB6022AF)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK ※2
FD-235HF
-7304-U5
(BH9506GKS2)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
※14
Z1D
(BH9547KV)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
Z1DA-89A
(61828)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
MF-355F
-3490UC
(U262P128)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
OSD-FIL
(61838A)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK ※2
TFD-310
(DN8862FAQ)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK ※2
MPF820
(BH9556KV)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
D353F3
(NCL053)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
YD-702J
-6037J
(BH9522KS2)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
※13
FD-05HG
-5708-U
(NN8863FAW)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK 未検証 ※2
※9
FD3238T
(FDN305)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK 未検証 ※2
MF355H
-325MS
(U262P149)
DXF
形式
PDF
形式
全体 部分
詳細
全体 部分
詳細
OK OK ※2
※15
  • ※1
    FD1231H も同様な改造で使用可能。
  • ※2
    Density ピンに 360/300 信号を入力する時は 74HC14 などを用いて信号を反転すること。 ( FDD の参考写真には、反転回路が写っていない場合がある。 ) 
  • ※3
    YD-702D-6238D も同様な改造で使用可能と思われる。
  • ※4
    MPF920-F と MPF920-L も同様な改造で使用可能と思われる。
  • ※5
    D359M3D も同様な改造で使用可能と思われる。ただし制御基板のパターンが異なる為、参考写真を元に信号取出し場所を精査する必要有り。
  • ※6
    JU-257A607PC も同様な改造で使用可能。ただし、「R71」をショートする作業が追加で必要になる。また、JU-256A347P についても同様な改造で使用可能と思われる。
  • ※7
    FD-235HG-B380-U も同様な改造で使用可能と思われる。
  • ※8
    FD-235HG-C122-U5、FD-235HG-C635-U も同様な改造で使用可能と思われる。
  • ※9
    FD-05HG-8745-U も同様な改造で使用可能と思われる。
  • ※10
    不安定ながら 2DD も読み書き可能 ( フォーマットの可否は不明 ) 
  • ※11
    2DD も読み書き可能 ( フォーマットの可否は不明 ) 
  • ※12
    JU-256A048PC も同様な改造で使用可能と思われる。ただし制御基板のパターンが異なる為、参考写真を元に信号取出し場所を精査する必要有り。
  • ※13
    具体的な原因は不明だが、何らかの理由で改造しても正常に動作しない個体が有る事を確認している。
  • ※14
    FD-235HF-7291-U5 も同様な改造で使用可能と思われる。
  • ※15
    MF355H-348MN も同様な改造で使用可能と思われる。ただし、制御基板を FDD の筐体に固定したまま 13 番ピンを切断して 360/300 信号を反転させる改造を施工する為には、制御基板に設置されている 26 ピン端子の取外し、再取付を行う必要があり改造の難易度が高い為、FDD とは別に変換用基板を用意した方が良い。

PC/AT 互換機用の FD1231T 及びFD1231M は、どるこむの「[14183] FD1231HをPC-98で使う」を参考に、上記の図面の様に改造内容を変更することで PC-9821 Ls12 でも動作させることが出来ました。

大した問題ではありませんが、「HDR」ジャンパをショートすると FDD のアクセスランプが点灯します。アクセスランプが点灯しない場合はこの部分がオープンになっていないか、確認してください。

あとから追記
エマティなリサイクル様の掲示板、記事No.4755 FDD関連隔離室スレッドにて、Crusher-K 様より図面の記載間違いをご指摘頂きましたので図面を訂正しました。ご指摘に感謝いたします。それと、図面中に FDN30x の 26 番ピンと 42 番ピンが接続されていると記述していますが、これは Crusher-K 様より情報を頂きました。


上記一覧表に記載した FD3238T ですが、FDD 内の制御 IC にFD1231T などにも搭載されている FDN30x 系列を用いています。

改造前の予測では FD1231M と同様な改造を施しせば 2DD も使える状態になるであろうと予測していたのですが、結果的には 2HD 限定でしか使用できませんでした。

FD3238T に FD1231M と同様な改造を施したうえで、FD3238T を PC-9821 Ls12 に接続して FD にアクセスすると、挿入した FD のフォーマットが 2HD でも 2DD でもディスクの存在を認識するものの「フォーマットされていない」と怒られてしまい、そのままフォーマットしようとしても失敗してしまいます。

よって、改造を行うとしても 360/300 信号を反転して入力するだけしか行うことができず、結果として 2HD 固定となってしまいました。

原因は不明ですが、ヘッド部の制御に異常が生じているものと思われます。原因が特定できれば、PC-9821 で使うことができそうです。


おまけ

DF354N178F は Ready 信号を出力できるものの、何故か PC-9821 Ls12 ではうまく動きませんでした。折角ですので、Ready 信号出力地点を掲載しておきます。
DF354N178F 基板全体
DF354N178F の Ready 信号出力地点


参考文献
エマティなリサイクル
HAMLIN's PAGE


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"