試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

幹線計算書


概要

この場で公開する表計算ソフト用データは、敷設する電線の仕様から電圧降下を計算するための表計算ソフト用データです。おまけとして接地線のサイズも選定できるようになっています。


データ

幹線計算書 ( Excel形式 ) 

本表計算ソフト用データの知的財産権は「試運転」が保有します。表計算ソフト用データは、修正BSDライセンスに従って取り扱うようお願いいたします。 ( ご自身で改変されたデータを公開したい場合、原作著作権者の明記をお願いします ) 


幹線の電圧降下を計算するに当たり、まずは負荷を集計する訳ですが単相3線式、三相3線式の幹線は各相間の負荷を平衡させなくてはならないと内線規程に書いてあります。 ( 内線規程1305-1 ) 

やむを得ない場合に限って単相3線式の場合は設備不平衡率40パーセントまで、三相3線式の場合は設備不平衡率30パーセントまで緩和できます。詳しい計算式は内線規程をご確認ください。

なお負荷を平衡させる事を怠ると、異常な電位差や欠相による事故を誘発します。そうなってしまう理由は簡単で、変圧器の出力電圧は負荷に応じて各出力端子ごとに変化するからです。

つまり、軽負荷の端子は電圧が高く重負荷の端子は電圧が低いので、本来あってはならない電位差が発生してしまい最悪事故に至る、という事です。

線路損失も無駄に増加しますので、気を付けましょう。


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"