試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

SIMM ID について


Special thanks!!!
この記事は、エマティなリサイクル様の掲示板 SIMM メモリスレッドのまりも様、 KAZZEZ 様、Crusher-K 様 ( 以上の方々は、SIMM そのものについて ) 、/人'A`;人\様 ( PC-98 およびエプソン互換機の SIMM について ) 、掲示板を提供してくださったエマティ様など、皆様のご指導、ご協力により完成しました。ご指導、ご協力してくださった皆様に、感謝の意を表します。

いまさら SIMM の話題です。SIMM は 80 年代中頃から 90 年代頃にかけて使われたメモリモジュールで、ピン数の違い、Fast Page ( FP ) とExtended Data Out ( EDO ) の違い、パリティや ECC の有無など、多種多様な仕様が存在しています。

中には、JEDEC 仕様 72pin SIMM そっくりだけど特定のサーバーでしか使えない専用品や、PC-9801 で使われる PC-9801-54 ( 通称 54SIMM ) や、PC-9801-61 ( 通称 61SIMM ) のようなモジュールまで存在しています。

TOWNS で使用できる SIMM は、JEDEC 仕様 72pin SIMM に準じた仕様の SIMM で、動作電圧 5V、パリティ無 ( パリティ有も使えるが、使う意味はない ) 、Fast Page かつ、TOWNS で認識できる SIMM ID が設定されている事が条件です。64Mbit の DRAM を搭載した SIMM も使えるとは思いますが、本来の 1/4 の容量しか使えないと思います。


SIMM ID とは、SIMM の 67pin から 70pin にて GND と接続するか否かの組み合わせにより SIMM の容量などを本体へ伝える仕組みで、SIMM の右端に 4 個並んでいるチップ抵抗などが目印です ( チップ抵抗の配置が異なったり、基板上で直接結線されているものも有ります ) 。

PC/AT 互換機では未設定でも基本的に SIMM を認識する為、稀にチップ抵抗を省略しているものも有りますが、TOWNS では設定していないと SIMM の存在そのものを認識しません。

この SIMM ID は JEDEC 仕様ではない独自規格のものも存在しているようで、少なくとも TOWNS 仕様と JEDEC 仕様の SIMM ID には違いがある事が分かっています。IBM の PS/2 も独自仕様である、という情報がありますから、SIMM は使う前に SIMM ID を確認しておいた方が良いでしょう。


以下に TOWNS で SIMM を使用する際の手順を示しますので、「拾った SIMM の容量を知りたい」「SIMM ID がないから、改造を施して TOWNS で使うんだ」と言う方は、参考にして頂ければ幸いです。

なお、SIMM は上記のとおり JEDEC 仕様以外の SIMM も有ります。SIMM を不用意に TOWNS 本体へ挿して電源を入れると燃えてしまい「なんなの ? 」と呟きつつ不憫な思いをする恐れがあるので、入手した SIMM の素性が分からない場合は、電源周りの結線も事前に確認しましょう。61SIMM 専用機種の親亀に JEDEC 仕様のモジュールを突っ込んで電源入れたらモジュールが燃えた、という言い伝えも残ってますので・・・


  • SIMM を入手する

SIMM を新たに入手する際、上記に挙げた仕様に適合した物でないと TOWNS で使用できませんが、現在、純正で TOWNS に対応している SIMM を探し出す事はかなり困難である為、JEDEC 仕様の SIMM を転用する事が一般的です。

JEDEC 仕様の SIMM をインターネットオークションや店頭などで見つけた場合、仕様が明示されていれば良いですが、不明である場合も少なくありません。このような時はエマティなリサイクル様の「研究発表会」内にある「SIMM容量の簡易判別方法」のページを参照し現物と比較する事で、仕様を予測する事ができます。また次の一覧表も合わせて比較する事で、より予測の精度を高める事が出来ます。

SIMM ID 一覧表 ( JEDEC 仕様、Non ECC ) 
容量 アクセス
スピード
ECC Pin
 ( 48Pin ) 
PD1
 ( 67Pin ) 
PD2
 ( 68Pin ) 
PD3
 ( 69Pin ) 
PD4
 ( 70Pin ) 
1MB
 or 
64MB
100 ns O S O S S
80 ns O S O O S
70 ns O S O S O
60 ns O S O O O
2MB
 or 
128MB
100 ns O O S S S
80 ns O O S O S
70 ns O O S S O
60 ns O O S O O
4MB
 or 
256MB
100 ns O S S S S
80 ns O S S O S
70 ns O S S S O
60 ns O S S O O
8MB
 or 
0.5GB
100 ns O O O S S
80 ns O O O O S
70 ns O O O S O
60 ns O O O O O
16MB
 or 
1GB
50 ns O S O S S
80 ns O S O O S
70 ns O S O S O
60 ns O S O O O
32MB
 or 
2GB
50 ns O O S S S
80 ns O O S O S
70 ns O O S S O
60 ns O O S O O
O = NO CONNECTION
S = CONNECTED TO VSS ( GND ) 
ECC の場合は、ID が拡張され一部異なっているので注意

「SIMM容量の簡易判別方法」のページと上記の一覧表を使って比較した際、稀に SIMM ID と DRAM の仕様が一致しない場合があります。

一致しない場合は、どのような食い違いがあるのか ? が重要で、単純に  SIMM ID 上でアクセススピードを遅く設定しているだけであれば、TOWNS で使用する限り大きな問題ではありませんが、それ以外の場合は注意が必要です。

例えば、見た目では SIMM ID の設定よりも多く DRAM が載っているように見える場合、パリティや ECC の有無以外に、一部に不良が含まれる DRAM を検査して不良を回避しながら使っている関係で、DRAM が余計に載っている場合もあります。

このような場合、SIMM ID で元よりも大きな容量を設定する行為は意味がないだけではなく、本体の動作不良を招く可能性が有りますので、注意しましょう。


  • SIMM ID が TOWNS で使用できる設定か、確認する

SIMM を入手したら SIMM ID を確認して、TOWNS で使用できるか確認する必要があります。TOWNS の SIMM ID を次に示します。

SIMM ID 一覧表 ( TOWNS 仕様 ) 
容量 PD1
 ( 67Pin ) 
PD2
 ( 68Pin ) 
PD3
 ( 69Pin ) 
PD4
 ( 70Pin ) 
1MB S O O S
2MB O S O S
4MB S O S S
8MB O S S S
16MB S O O O
32MB O S O O
O = NO CONNECTION
S = CONNECTED TO VSS ( GND ) 

一覧表同士を見比べると、1MB と 2MB の 80ns 、16MB と 32MB の 60ns の SIMM については未改造のまま使用出来るものの、それ以外の SIMM については改造が必要な事が分かります。

ですから、自分で SIMM を改造したくない場合は、上記 4 種類のどれかに適合するものを入手すると良いでしょう。どうしても手に入らないのであれば、一覧表に沿って改造する必要があります。

ただし、稀に改造しても容量を正常に認識しない SIMM もあります。例えば、日電製の SIMM で基板に「G8QBN」の P/N が記載されているもので、DRAM に「TC514800AJ」や「MCM5L4800AJ」を用いているものは、元々特殊な SIMM ID を改造しても本来の容量である 2MB を認識できず、1MB しか認識させる事が出来ません。

正確な原因は不明ですが、DRAM 側の一部のアドレス線 ( A9 ライン ) が ROW アドレス専用である場合は、正常に認識できない疑いがあります。 ( DRAM は一般的に、ROW アドレスと COLUMN アドレスが対称の物と、非対称の物があります。 ) 


  • SIMM 増設時の注意事項

モデル 1/2 では、使用できる SIMM は 1MB 若しくは 2MB のみです。また、モデル 10F/20F/40H/80H では 4MB または 8MB の SIMM を増設する時はマザーボード側のジャンパピン設定が必要です。

このほか CPU に 486 を搭載している機種では SIMM のアクセススピードが 80ns 以下である必要が有ったり、Pentium 搭載機では同一容量で 60ns 以下の SIMM を、同時に二枚一組で増設しなくてはならない、などの制限もあるようですのでご注意ください。

余談ですが、アクセススピードの制限は他機種では聞かないものの、「二枚一組で増設」に関しては Pentium 搭載機の場合、PC-9821 Bf、Xn のような例外を除けば原則として必要ですし、エプソンの 98 互換機になると、Pentium 搭載機以前でも PC-386GE と PC-486HA / H / HX を除き、二枚一組で増設する必要があるようです。念のため。


参考文献
今さら聞けないメモリーの基礎知識 FP〜BEDO DRAM編


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"