試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

FM TOWNSへWINDOWS95をインストール


このたび、幻のTOWNS唯一のノート機 ( ラップトップと言ったほうが近いような気もするけど... ) に、WINDOWS95をインストールすることに成功しましたので、その忘備録です。

WINDOWS95 インストール方法
順序 説明文

1

WINDOWS95 アップグレード版をインストールする場合、TOWNS 用の MS-DOS V6.2 と WINDOWS3.1 を用意してください。 ( この辺は PC-9821 と同じです。 ) 

2

まずは MS-DOS V6.2 を起動します。「SETUPにようこそ」の画面が表示されると思いますので、PF3 キーを押下してキャンセルします。終わらせるのか聞いてきますので「Y」を押下します。

3

終了させたのち、CUI で「setup2」と入力しリターンキーを押下します。

4

「MS-DOS動作環境設定」画面上で「ディスク」を選択します。

5

「ドライブの構成」、「区画設定」をそれぞれ入力します。選択するメニューを変更するには TAB キーを、前画面に戻るには PF3 キーを押下してください。

6

「ドライブの構成」では、空いているドライブの所でリターンキーを押下し ( ただし、Q ドライブ以外とすること ) 、「ドライブタイプの選択」では「ハードディスク」を選択します、「ユニットの選択」はHDDのSCSI ID ( ユニット番号 ) の正しい数値を指定します。

7

「区画設定」では、区画名は好きな名称を入れ、OS 種別は「MS-DOS 512」、起動は「起動」と指定し、容量を確保 ( 最大2G ) します。「A」を押下すると、最大限の容量を確保しようとしてくれます。

8

設定が終了したら、PF3 キーを数回押下してください。そうすると設定を保存するか聞かれますので、「Y」を押下します。

9

リセットしたら、FDD から MS-DOS V6.2を起動し、システム転送付のフォーマットを行うか、「SETUPにようこそ」の手順に沿ってMS-DOS V6.2をインストールします。

なお MS-DOS V6.2 のインストールは正規の FD を使って行わないとHDD 上の IPL ( MBR ) の書き換えに失敗して起動出来ない事があります。

私は最初、正規の FD からバックアップした FD を使って作業を行ったらインストールは正常に終了するのに、起動しなくて焦りました。正規の FD も当然所有していて、そちらでやり直したらで大丈夫でしたが、こういう時に違法コピー ( いわゆる割れ物 ) しか持っていないと痛い目を見ますね ! 

10

インストール終了後にリセットすると、HDD から MS-DOS V6.2 が起動するようになるはずです。

11

MS-DOS V6.2を起動したら CD ドライバーを組込みます。

x:\>EDIT CONFIG.SYS

と入力してリターンキーを押下する ( 「x」はドライブ名 ) と編集画面が出てきますので以下の文章を 3 行目と 4 行目の間に追記してください。

DEVICE=x:\DOS\CDISC.SYS
DEVICE=x:\DOS\CDDRV.SYS /D:TOWNS_CD /U0:0
LASTDRIVE=Z

「0:0」は、ゼロ、コロン、ゼロです。

12

記入が終了したら、設定を保存して終了 ( 「ALT+F」, 「S」で保存し、「ALT+F」,「X」で終了 ) します。

13

x:\>EDIT AUTOEXEC.BAT

と入力してリターンキーを押下するとまた編集画面が出てきますので、次の文書を 4 行目と 5 行目の間に追記してください。

x:\DOS\MSCDEX /D:TOWNS_CD /L:Q

14

記入が終了したら、また先ほどと同じ手順で保存して終了してください。

15

編集終了後、リセットしてください。成功していれば起動時に CD ドライバーが組込まれるようになります。

16

ここで、WINDOWS95 インストール時の注意事項です。インストール前に、TOWNS の拡張メモリが HMM が有効になっていることを確認し、インストールの為に起動するときは TOWNS を FAST モードで起動してください。

SN の場合、起動時に「T」を押下しながら電源をいれると FAST モードになりました。FAST モードが有効になると、右下に怪しい黄色い印が出てきます。

17

起動後、WINDOWS95 のセットアップディスクを CD ドライブに挿入後、以下を入力してリターンキーを押下してください。

x:\>Q:
Q:\>SETUP

18

ここまでくれば、あとはセットアップ画面にしたがっていけばインストールできるはずです。

19

途中、WINDOWS3.1 のセットアップディスクを要求されますから、その時は一時的に CD-ROM を交換して認証してください。

20

セットアップ完了後、WINDOWS95 起動時は必ず FAST モードを有効にして起動してください。そうしないと途中でハングアップします。


おまけ

SNには、FM50N183というPCカードと互換性がある専用のNICがあり、型番が違うだけで中身は一緒であるFMV用のFMV-J181が使用できます。FMV-J181を使用する場合、WIN95に用意されているFM50N183のドライバを手動でインストールしてください。ハードウェアウィザードから検索してドライバを入れようとしたところで、自動認識してはくれません。

自動認識しない事には理由があり、TOWNSシリーズ用のWIN95にはソケットサービスが用意されておらず、PCカードごとに手動で専用のイネーブラをインストールする必要があるからです。裏を返せば、イネーブラが用意されていないPCカードは使用不可ということです。

TOWNSシリーズでは、JEIDA3.0規格のPCカードスロットが初代〜80HにCX10以降の機種にJEIDA4.0規格のPCカードスロットが用意されていますがTOWNSではソフトウェアから電源やリセット信号の制御ができないことからコントローラーとPCカードの仲を取り持つソケットサービスを用意しなかったと思われます。用意したところで、電源やリセット信号を制御できないのでは使えるPCカードがかなり限られますから。

なお使用できる可能性のあるNICは、FM50N183およびFMV-J181以外にほぼないと思われます。この2つのベースとなっているFUJITSUのMBH10302とその互換カード ( HITACHIのHT-4840-11、J LinkのNC5310、EagleTechのNE200T、RATOCのREX-5586 ) なども使えるのでは、と思っていたのですが、HT-4840-11を入手して試験したところ、使用することは出来ませんでした。

なお生産時期による違いなのかは分かりませんが、MBH10302以外にMBH10301、MBH10304というシリーズの存在も確認しています。この2つのカードはTOWNSで使おうとすると、カードそのものの存在はTOWNS側が認識しているのか、またはしていないのか正確には分かりませんが、win95起動中にドライバの組込に失敗した旨を通知してしまい、使うことが出来ません。

これら使用できないカードでは、ベンダに関するCIS中の記述と専用イネーブラの記述に不整合があり、途中で初期化を中止してしまっていると思われます。この検証結果から察するに、FM50N183と同じチップを使っていても使える可能性のあるNICは非常に限られる、と言う事です。


参考文献
【中古の楽園】−FM-TOWNS SJ−Windows95を外付けHDD(SCSI)にインストール
TOWNS FAQ(Windows95)
WINDOWS95 FAQ for FM-TOWNS
FreeBSD と fe ドライバのページ - PC カードについて


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"