試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

PS2のバックアップに関する覚書


ディスクに傷がついて...カビが生えて...起動しなくなった!そんな想定外の事態に備えて、PS2のディスクもバックアップを作るろうとする訳ですが、例によってPS2用ディスクにはコピー対策が行われている為、簡単には作成できません。が、あえてチャレンジする時のために資料を集めてみました。


工作

吸出しはライティングソフトの案内通りにやればまず平気です。リードエラーは、先頭の始まり方がおかしいという物だったら無視しておけば良いです。

ただし、DVDで2層の場合、コピーが成功する確率が非常に低いです。(DVD+R DLとかを使っても、です。)データが書き込めていたとしても、2層目のデータを読みに行く段階になってコケます。(運が悪いと、起動自体しないらしい...。)

あとネットやHDDを使うゲームは、ライセンス情報とかに注意しないと遊べなくなるそうです。(詳しくは、それ系のサイトへどうぞ。)

ライティングの場合も基本的な事(使うドライブとメディア)に注意して、ライティングソフトの案内に従えば問題なく焼けます。


起動

ここから先は、無事焼けたものとして話を進めます。一度やってみればわかるのですが、焼いたディスクをそのままPS2に突っ込んでも「規格外のディスクです」って怒られてしまいます。

これは、PS2用ディスクは最内周に細工がしてあり、そこをチェックして正規品であれば起動するのです。 ( 最内周の部分に関しては、正確には元々拡張用として予約されている空間をPS2専用に拡張しています。 ) 通常、この最内周部分をコピーすることはできません。 ( 不可能ではないようですが、できる人はこんな記事読んでませんね !  ) 

起動するには、それ専用のディスクを探してくるのが最善です。 ( MODという手段もありますが、ここでは触れません。 ) 一番有名なのは、Swap Magicでしょう。PAR Ver.1.6jを使うより素直だと思います。

起動後、ディスクを交換することになりますが、これがまたやっかいで、以下のいづれかの方法をとらねばなりません。


交換方法

  • MODハンド
    MODハンドとは、SCPH-50000以前の場合、PS2の上蓋を取り外して(裏にゴムが四角いついてますよね?それをとったらネジが見えます)直接ディスクを交換する方法です。純正ではない、これ用の上蓋も販売されています。
    長所   コストがかからない (材料費は不要。労務費も自分で行えば不要)
    短所   頻繁に上蓋を取り外すので、内部破損の危険性が高い
  • No Solder
    No Solderとは、専用のパーツをPS2本体に内蔵させ、特定の操作(取り出しボタンの長押し)をした時、本体に強制的にディスクトレイの開閉をさせてディスクを交換する方法です。
    長所   一度取り付けてしまえば後の操作が楽
    短所   多少コストがかかる
  • 下敷きを使ってトレイを引き出す
    この方式は、下敷きを使ってトレイのロック機構を解除し、無理やりトレイを引き出してディスクを交換する方式です。
    長所   コストをかけないで、封印シールを剥さずに済む方法
    短所   トレイを動かす機構を壊す可能性が高い

ちなみにSCPH-7x000だと、もっと簡単に出来るらしいです。ただし、SCPH-7x000系では動かないソフト、SCPH-10000じゃないと動かないソフトがあるので注意。

それぞれ長所短所があるので、ご自分にあった方法を見つけてください。


おまけ

ライティングソフトは色々ありますが、次のものが一般的です。

  • B's Recorder GOLD
    専用イメージは.IMG。mode1:track1ならDiscJugglerやWinCDRでも焼ける。
  • DiscJuggler
    専用イメージは.CDI。イメージを作成した本体と読み込む本体のバージョンが異なると誤認識する場合があるので注意。
  • CDRWIN
    専用イメージは.BIN(時には.CUE付)。CUEはその記録方式やトラックなどの情報ファイル。この2つのファイルはペアで使用する。焼く時にはCUEファイル内の絶対パスは削除しておこう。
  • NERO
    専用イメージは.NRG。他のライティングソフトでは無理。
  • CloneCD
    専用イメージは.CCD(時には.IMG/.SUB/.CUEが付属?)場合によってはAlcohol120%や、CD Manipulatorでも焼ける模様。これも確か、バージョンが違うと不具合が出る場合があったはず。
  • BlindRead
    専用イメージは.BWI(時には.BWT/.BWS付)。BlindWriteを使用するならこれだけでokだが、CDRWINやFireBurnerを使う場合はCUEファイルも必要。
  • CD Manipulator
    専用イメージは.CDM/.IMG(時には.CUE/.PRE付)
  • Alcohol120%
    専用イメージは.MDS+.MDF
  • CD革命
    専用イメージは.FCD。バージョンが違うならイメージを改造する。
  • RAW CD COPY
    専用イメージは.TRS+.TRU
  • VERITAS Record Now DX
    独自のイメージは.GI。これもNEROと同じく、他のライティングソフトでは焼く事が出来ない。DVD Decrypterで.giのファイルに対して(分割されている場合はxxx.giに対して).mdsファイルを作成して、デーモンにマウントして焼くという方法もある。

全てのライティングソフトで扱える共通のイメージが、.ISOです。これは国際標準化機構が定めた形式なので、これが扱えないことなんてほぼありえません。

ちなみに、独自規格のディスクイメージの場合、Daemon Tool (仮想的なドライブを作成するツール。)に突っ込み、ライティングソフトのrawモードを使って焼く、という荒業でバックアップできる物があります。(あまり推奨できませんが...。)


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"