試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

プロジェクタの視認距離および投写距離について


この記事では、画面上の文字大きさから視認距離とスクリーン横幅、プロジェクタの投写距離を決定する方法について記載します。

以下に記載する方法は、使用する機種が決まっていない場合の概算値を求める方法です。厳密な寸法はプロジェクタの投写方式、レンズの倍率等で異なる為、使用する機種が決まっている場合は、そちらの納入仕様書を確認して距離を決定してください。

  • 視認距離

視認距離は、文字高さに距離を算定する為の係数を掛けて算定します。

計算式は「文字高さ ( mm ) × 距離係数 = 視認距離 ( mm ) 」で、係数は標準を 250 とし、文字をはっきり読みやすくしたい場合は、125 から 250 の範囲で調整すると良いでしょう。

視認距離から文字高さを決定したい場合は、視認距離を係数で割って求めます。

  • スクリーンの横幅

スクリーンの横幅は、文字の横幅から算定します。

目安としては「文字幅 ( mm ) × 40」です。横幅を決定した後、スクリーンのアスペクト比を選定すればスクリーンのサイズが決まります。

  • プロジェクタの投写距離

プロジェクタの投写距離は、スクリーン投写面よりスクリーン横幅の 1.5 倍から 2.3 倍程度が目安となります。ただし短焦点レンズの場合は、概ね 0.8 倍よりも小さな数値になります。


参考文献
建築設備設計基準 平成 27 年度版
投写距離カリキュレーター
投写距離シミュレーター
プロジェクター投写シミュレーション


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"