試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

ATX 電源の電線についての雑記


ATX 電源で用いられている電線は多くの場合、UL 758 Style 1007 に適合した電線が使用されています。この電線は製造メーカーにより製品名が異なりますが、「機器内配線用ビニル電線」や「耐熱ポリ塩化ビニル絶縁電線」などという名称で呼ばれ、定格許容温度は 80 度、定格許容電圧は 300V です。

以下に許容電流値と導体抵抗の一覧および、電圧降下の計算式を記載しますので、許容電流値を知りたい、機器を増設したいが電圧に問題が生じないか検証したい、と言う方は是非ともご活用ください。


機器内配線用耐熱ビニル電線
性能一覧表 ( ※1 ) 
規格 素線数
 ( 本 ) 
 / 
素線径
 ( mm ) 
導体
外径
 ( mm ) 
仕上
外径
 ( mm ) 
導体抵抗
 ( ohm/km 
以下
at.20 度 ) 
許容
電流
 ( A ) 
※2
※3
AWG28 7/0.127 0.38 1.20 230.0 2.4
AWG26 7/0.16 0.50
( 0.48 )
※4
1.30 141.0 3.2
AWG24 11/0.16 0.60 1.50 89.8
( 91.1 )
※5
4.3
AWG22 17/0.16 0.80
( 0.76 )
※4
1.70 58.1 5.7
AWG20 21/0.18
( 26/0.16 )
※4
1.00
( 0.94 )
※4
1.90 37.2
( 38.3 )
※4
7.0
AWG18 34/0.18
( 41/0.16 )
※7
1.20
( 1.19 )
※7
2.10
( 2.20 )
※6
23.0
( 23.8 )
※7
10.0
AWG16 26/0.26
( 54/0.18 )
※4
1.50 2.40
( 2.50 )
※6
14.2
( 14.3 )
※7
13.0
  • ※1
    国内で UL 規格の電線を製造している主要メーカーを調査し、比較的、安全側の数値を掲載していた品川電線株式会社のカタログ値を引用。ただし、カッコ内を用いるとより確実な計算結果を得られる。
  • ※2
    品川電線株式会社のカタログ値。計算条件は、周囲温度 30 度以下、気中暗きょ 1 条布設。
  • ※3
    設置条件に合わせた許容電流値を知りたい場合は、住友電気工業株式会社が提供している計算ツールを用いて計算後、電線の布設条数 ( 本数 ) に合わせて、許容電流低減率を乗ずると良い。
  • ※4
    カッコ内の数値は、日立金属のカタログ値。
  • ※5
    カッコ内の数値は、住友電気工業のカタログ値。
  • ※6
    カッコ内の数値は、協和ハーモネットのカタログ値。
  • ※7
    カッコ内の数値は、平河ヒューテックのカタログ値。

電圧降下は、以下の計算式にて算定できます。 ( 基本計算式、直流の場合 ) 

Vd = 2 × I × L × R / 1000
Vd = 電圧降下値 ( A ) 
I = 電流 ( A ) 
L = 亘長 ( m ) 
R = 導体抵抗 ( ohm / km ) 

電圧降下は 2 %以内が目安です。なお、直流時の導体抵抗を自ら算定する場合、以下の計算式にて算定できます。

R = ( 4 ×10 ˆ 3 / 58 × 3.14 × σ × n × d ˆ 2 ) × ( 1 + S )
σ = 導電率 ( 錫めっき軟銅線で直径 0.26mm 未満の場合は、0.93 ) 
n = 素線数 ( 本 ) 
d = 素線外径 ( mm ) 
S = 撚り込み率 ( 60 本以下の場合は、2% ) 

参考文献
独立行政法人 日本貿易振興機構 UL 規格の概要
古河電気工業株式会社 UL 規格について
日立金属株式会社 カタログ
東日京三電線株式会社 カタログ
住友電気工業株式会社 カタログ
昭和電線ケーブルシステム株式会社 カタログ
株式会社フジクラ カタログ
品川電線株式会社 カタログ
平河ヒューテック株式会社 カタログ
鐘通株式会社 カタログ
協和ハーモネット株式会社 カタログ
太陽ケーブルテック株式会社 温度補正係数および、許容電流低減率資料
住友電気工業株式会社 電圧降下資料および、許容電流低減率資料
住電日立ケーブル株式会社 電圧降下資料


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"