試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

移動電線施設時の注意点


巷では、ホームシアターなるものを趣味にしている方々がいます。で、そういった方々の中には電源コードの類を壁に固定したり、樹脂モールの中に入れたりしている方がいらっしゃるのですが...電路の保護が大丈夫か非常に気になります。

そこで、余計なお世話ではありますが電源コードについて内線規程 ( 電力会社の出している民間規格。コレを守らないと電気を売ってくれませんので、法律みたいなもんです ) を元にしてホームシアターを構築する際の電源コードに関する注意点を書いてみようと思います。


電源コードの定義

まずは、そもそも電源コードとは何ぞや ? と言うところからです。多くの方は、ケーブルと電線とコードと同じ意味で使っていますが、法的には違うものを指します。

「電気設備に関する技術基準を定める省令 第1条第1項六号」より「電線」とは、強電流電気の伝送に使用する電気導体、絶縁物で被覆した電気導体又は絶縁物で被覆した上を保護被覆で保護した電気導体をいいます。

何が違うのかと言うツッコミが来そうですが、よく見ると絶縁体の仕様が違います。絶縁体の仕様が異なれば、法律上、内線規程上の規制内容が異なります。

法令上の言い回しのままでは、具体的な仕様がよく分かりません。そこで、以下に句読点や「又は」で区切ったうえで、具体的な例を記載しました。

  • 強電流電気の伝送に使用する電気導体

いわゆる裸電線、JIS C 3101 ( 電気用硬銅線 ) など

  • 絶縁物で被覆した電気導体

いわゆる絶縁電線、JIS C 3307 ( 600V ビニル絶縁電線、IV電線 ) など

  • 絶縁物で被覆した上を保護被覆で保護した電気導体

いわゆるケーブル、JIS C 3342 ( 600V ビニル絶縁ビニルシースケーブル、VVFケーブル、VAケーブル ) など

電線とケーブルの違いは、保護被覆 ( いわゆるシース ) の有無に依ります。

電源コードはどれだ !  ? と、お思いの貴方。実は、この中には電源コードは含まれていません。

電源コードは、内線規程風に書くと移動電線 ( 電気使用場所に施設する電線のうち、造営物に固定しない物をいい、電球線及び電気使用機械器具内の電線を除く。 ) という物になります。 ( 厳密には、移動電線の一つの種類としてコードがあるんですけれどね ) 

電源コードを具体的に挙げるのであれば、JIS C 3306 ( ビニル平形コード、VFF ) があります。電源コードは、この移動電線に関する規制に沿って施設する事になります。


電源コードの施設方法

内線規程「3203-1 コードの使用制限」よりコードは、電球線及び移動電線として使用する場合に限るものとし、固定した配線として施設しないこと。

これが基本原則です。ただ、この後にただし書きがあってショーケース又はこれらに類するものの内部配線に限って配線を固定しても良い事になっています。

この条文からすれば、オーディオラックの内部配線であればグレーゾーンですが壁面に設置した樹脂モール内に配線するのはアウトです。

なお固定していい場合も決まりごとがあり、内線規程「3205-7 ショウウィンドー、ショーケース又はこれらに類するものの内部配線」に従って絶縁ステープル等で固定する場合のみ許されています。 ( 樹脂モール内もOKなんて、書いてありませんからね ? 注意しましょう。 ) 


電源コードの許容電流

電源コードに限らず、電線には許容電流値というものがあります。固定して良い場合も当然このことを考えながら施設するのですが、周囲温度によって許容電流値が異なります。

細かな数値は、内線規程「1340-2 コードなどの許容電流」をご覧いただくとして内規に書いてある数値は、周囲温度30度の時、1本だけ適当にころがして配線した場合の数値です。

周囲温度が異なれば許容電流値が違いますし、複数の電源コードが並列して敷設してある場合も、JCS 0168-2「33kV以下電力ケーブルの許容電流計算-第2部:低圧ゴム·プラスチックケーブルの許容電流」により許容電流値が低くなりますので注意してください。


電源コードの長さ

電源コードの長さに関しては特に規制はないようです、しかし、電圧降下、保護協調との兼ね合いを考慮すると、内線規程「3605-5図 低圧幹線の過電流遮断器の施設」を参考として最大でも3mとして極力短くする事が望ましいと考えられます。

上記に挙げた3605-5図は連接幹線の保護協調に関する規定で、電源側電路 ( 太い幹線 ) から分岐幹線  細い幹線 ) へ分岐させる場合について書いてあります。

この中で分岐幹線が3m以内であれば、分岐幹線の許容電流がどんなに低くても良いことになっています。これは、幹線が極めて短いときには事実上この間で短絡事故が生じる可能性がほぼないと考えられるためです。

つまり、短絡事故の可能性を下げるために少しでも短くしたほうが良い、ということです。


あとがき

非常に駆け足でしたが、以上が移動電線施設時の注意点になります。保護協調を無視した電線の施設は、火災の原因になりますのでお止め下さい。


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"