試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

映像信号をPALで出力する


ドリームキャストの本体には、日本国内用のほか欧州向けもあります。欧州のゲームの画面を国内用の TV で見ようとすると、色が白黒になったり、画面が流れたりします。

これは、テレビ放送の規格が日本と欧州では異なるからです。(欧州は多くが PAL、日本は NTSC。なお、北米も同じ NTSC ですが、北米と日本では厳密には規格が違います。)

で、欧州のゲーマーの中には、日本の NTSC 版のゲームが出来るように、日本国内用の DC 本体を輸入して改造している方が居るようです。今回は、PAL 信号を出力できるか実験したので、その結果です。


改造の手順

  1. まず分解して、メインボードを発掘してください。
  2. メインボードを裏返し、AV OUT 端子の辺りを見てください。
  3. よく探すと、「R422」というシルク印刷がありませんか ?  ( 通常、ここにはなにも付いていません。 ) 
  4. そこをブリッジして、元通り組み立ててください。

これで PAL 信号が出力出来る様になります。NTSC と切り替えたければ、スイッチを繋ぐといいでしょう。

どうやって PAL の画面を見るのか ? キャプチャボードやTVでごく一部ですが、NTSC、PAL の切替が出来るものがありますから、それらを使うといいでしょう。

これをやったからとて意味はなく、完璧な自己満足の世界です。


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"