試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 リンク

This web site is only compatible with Japanese text.

EIA-232C経由でバックアップ


忘備録として作成した、ドリームキャストの GD-ROM のバックアップをシリアルポート経由で行う記事です。今となっては使い道がありませんが、動画の変換方法などを記載しているので、そのまま掲載します。


ディレクトリ

それではまず、作業用フォルダを作りましょう。

  • C\dc-tool
    PCの作業用のファイル全て
  • C\image
    吸出した.gzファイルと解凍したISOイメージの 置き場所
  • C\data
    ISOイメージを分解したものの置き場所

材料

  • DCとPCを繋ぐシリアルケーブル
    ヤフオクで買ってもよし、自作の場合はCMOS <-> EIA-232Cレベルコンバータと、D-sub9pin のオスとDremcast のシリアルポートのコネクタおよび、適切な大きさの基板、線材を入手して作成。
  • dc-load-serialのイメージ
    NEROかDisc Jugglerのイメージを拾ってきてください。
  • dc-load-serial
    DCのシリアルポートを、自由に制御出来る様にするソフトです。
  • dc-tool
    吸い出しソフトのうち、PC側で動くソフトです。
  • dc-toolのdll
    こいつがないと、文句言われて落ちます。
  • dreamrip
    吸い出しソフトのうち、DC側で動くソフトです。
  • 通信ソフト(一般的にはbero氏に合わせ、TeraTermを使う事が多いようですね。)

ケーブルの回路図は、bero 氏のウェブサイトにあります。


ハードを用意出来たら、まずはPCでTeraTermをDLしセッティングをします。

[Setup]-[Serial port]内、
ボーレート57600bps、データ8bit、パリティなし、ストップ1bit
フロー制御ハードウェア
[Setup]-[Terminal]内、[New-line]の「Transmit」で「CR+LF」

以上の様に指定してください。

dc-load-serialのイメージをCD-Rへ焼いてDCへ入れ、電源を入れてみてください。

dcload 1.0.x
idle...

->xには、数字が入ります。

と出たら、成功しています。PCとDCのシリアルポートを繋げて、PCの電源を入れてDOS窓を開いてください。

Win9x
[スタート]-[プログラム]-[MS-DOSプロンプト]
W2k or WinXP
[スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[コマンドプロンプト]

開いたら、次のように入力してください。

cd c:\dc-tool
->これは一度やったらDOS窓を閉じるまで有効

そしてEnterを押す(以下省略します)。

C:\dc-tool>

となったら、

dc-tool.exe -t COM1 -b 115200 -x dreamrip.srec

この時、シリアルケーブルがPCのどのシリアルポートに繋がっているか確認し、接続しているポートを指定してください。Enterを押した後、

C:\dc-tool>dc-tool.exe -t COM1 -b 115200 -x dreamrip.srec
Console enabled
Changing speed to 115200 bps... done
Upload <dreamrip.srec>
File format is srec, start address is 0x8c010000
Section .sec1, lma 0x8c010000, size 65726
send_data: CCCCCCCCC
Section .sec2, lma 0x8c0200c0, ;size 5892
send_data: C
Section .sec3, lma 0x8c021844, size 6472
send_data: C
effective: 16942.937850 bytes / sec
Executing at <0x8c010000>
Sending execute command (0x8c010000, console=1)...executing
 
C:\dc-tool>

となれば成功してみます。エラーを吐き出す時はシリアルケーブルや、端子の接続状態の確認などを行ってから、再度チャレンジ。

終わったらDOS窓を閉じ、TeraTermを起動。接続先に「Serial」「COM1」と指定。そして、

ok

と入力するとトラック情報が出てくるので、

[File]-[Transfer]-[XMODEM]-[Receive]

で、保存先にimageを指定し、「1k」と「binary」にチェックして保存してください。この時、「first=3 last=3」の場合ならそのまま保存して良いですが、「first=3 last=(たくさん)」なら、トラック情報はメモしておいてください。後で必要になります。

これで後は、1日くらい放置してコピーが完了するのを待つだけです。


保存が出来たら

保存したものを見ると、拡張子は「gz」になっていると思います。対応する解凍ソフトで解凍しなくてはいけませんが、壊れてんぞゴルァ ! と怒られたら、別の解凍ソフトを試してみてください。解凍できることがあります。解凍できたら今度はデータを分解します。


使用するツール類

  • (必須)extract
  • (曲を聴く)raw2wav
  • (動画や画像を見たり、BGMを聞く)
    sfd2mpg、tooLAME、pvr2bmp、adx2wav、afs_extract

分解する

「first=3 last=3」の場合

DOS窓で

cd c:\data
C:\dctool\extract c:\image\track03.iso

「first=3 last=(たくさん)」の場合

DOS窓で

cd c:\data
C:\dctool\extract c:\image\track03.iso c:\image\track\
(最後のトラックの数字).iso (Sectorの数字)

これで、dataフォルダにISOイメージを分解したものが出来たと思います。

音楽トラックは「track(数字).raw」という名前になります。曲を聴きたいならDOS窓で

cd c:\data
C:\dctool\raw2wav c:\image\track(数字).raw

これでdataフォルダにwaveファイルが出来たと思います。


動画や画像を見たい

最初に断っておきますが、動画や画像は一部しか見る事が出来ません。またBGMも一部しか聞けません。動画や画像、BGMは予めdataフォルダにコピーしておくと作業しやすいです。

動画は.sfdという拡張子で、MPEG-1 Audio Layer I/II(VideoCDと同じ形式)へ、変換できます。DOS窓で

cd c:\data
C:\dctool\sfd2mpg -c toolame32 -b (ビットレート) c:\data\
(movieの名前).sfd

これでdataフォルダにmovieが出来たと思います。もし高画質なまま別の形式にしたいなら、AviUtlの記事を扱っているウェブサイトをご覧ください。

画像は.pvrという拡張子で、bmpへ変換できます。DOS窓で

cd c:\data
C:\dctool\pvr2bmp c:\data\(画像の名前).pvr

これでdataフォルダにbmpが出来たと思います。

BGMは.adxや.afsという拡張子でwav(CDと同じ形式)へ変換できます。DOS窓で

C:\dctool\adx2wav c:\data\(BGMの名前).adx

.afsは、そのままでは駄目なので一度分解します。

C:\dctool\afs_extract c:\data\(BGMの名前).afs

ただし、分解しても.adxではない事があります。その場合、分解した.asfファイルはBGMではないという事です。

これでdataフォルダにwavが出来たと思います。


バックアップ

utopia boot CDを使う場合

cd c:\dc-tool
C:\dc-tool>hack 1ST_READ.BIN 0
0010b190->
C:\dc-tool>

で、プログラム中の開始位置を0にします。必要であればその他のプログラムもhackします。ただし、boot cdは必ず1ST_READ.BINを実行するので、プログラム名が異なる場合は、1ST_READ.BINにファイル名を変更します。

あとは、容量を確認若しくは調整した後、一般的なライティングソフトでCD-ROM MODE1 level2で焼きます。


selfboot化の場合

まずはSbinducrを用意します。インストール後、インストールしたフォルダを開けます。(標準では、C:\Sbinducr)次にそこにあるInducerフォルダ内にあるファイルを全て削除します。削除したら、selfbootしたいソフトを放り込みます。

Sbinducrを起動して、ディスクイメージを作りますが、NEROかDisc Juggler形式のどちらか好きなほうを選んでください。

一番下のアイコンをクリックすると、C:\Sbinducrにディスクイメージが出来ます。それをそのまま焼けば完成です。


BIOSやflashの吸出し

DCでdc-load-serialを起動後、

cd c:\dc-tool
dc-tool -t COM1 -b 115200 -d dc_bios.bin -a 0x000000 -s 0x200000
dc-tool -t COM1 -b 115200 -d dc_flash.bin -a 0x200000 -s 0x20000


あとがき

今どきシリアルポートを使って吸い出そうとする人はいないと思いますが、歴史的意義を考慮してここに残します。


indexへ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"