試運転の資料館
玄関 総合案内 電算機部 営繕部 交通部 通信部

This web site is only compatible with Japanese text.

ドリームパスポートにおけるネットワーク登録誤魔化し方法


もくじ

はじめに

ドリームパスポート 3 や 2 などでは、ネットワーク情報の登録を行わないと使えない様になっています。isao.net 以外の ISP を利用する場合であっても登録しなければなりません。

中古で購入すると登録がそのままなんて事もあったりしますが、なんと不用心な事かと思いながら初期化しています。 ( 間違っても悪用なんてしていません。入っていた個人情報が筋モノ関係だったら怖いですからね ) 

閑話休題。

もう何年も前に、登録に必要なサーバが停止していて、新規に起動する事が出来なくなっています。代替策として、今回の方法を思いつきました。

ただし、コミュニケーション ID などが使えないかもしれない ( 本来の方法で登録したら使える ?  ) といった制限があったりします。それでもやる方は、次の物を用意してください。


準備するもの

事前に準備するのは、次のものです。

  • ブロードバンドパスポート
  • ドリームパスポート 3.15 の入ったゲーム
     ( ブロードバンドアダプタ、いわゆる BBA 対応のゲーム ) 

実際の手順

実際の作業手順を次に示します。

ドリームパスポートを使える様にする手順の一覧
順序 説明文

1

ブロードバンドパスポートで、ブロードバンドアダプタに関する設定をしてブロードバンドパスポートが起動できるようにします。

2

その後、ドリームパスポート 3.15 の入ったゲームでドリームパスポート 3.15 を起動します。

3

L メニューの中にあるオプションに入ります。

4

シリアルポートからモデムや TA 経由で繋げる時は、「モデム」から「難しい設定」に入り、「シリアル端子」を「ON」にして、ボーレートなどを設定します。

5

ネットワーク情報は「情報設定」にて「セガ」から「ユーザー」へ変更します。

6

ここからはドリームパスポート 3 や 2 と同じくダイアルアップの番号などを入力していきます。ドリームフライヤーを使う時には、メールアカウントを入力しないといけないかもしれません。

7

設定後、本体に記録すれば晴れてドリームパスポート 3 や 2 などが起動して使えるようになります。

ドリームパスポート 2 内臓のゲームも、これで安心ですね ! 


玄関へ戻る

Copyright (C) 2016 "shiunten"